2015年10月13日

パニック障害の診断


 パニック障害じゃないかと悩んでいる方が少なくないと思います。パニック障害のようなパニック状態になることが、少なからず誰でもあることですから、悩む気持ちも分かります。しかし、いくら自宅で一人で悩んでいても、何もよくなるわけではありません。


 一人で病院に行くのはやはり抵抗がありますよね。他人に知られても平気な事でもないし、病院に行くのを躊躇する気持ちもよく分かります。なので一人で悩んでいるのでしょう。



 それでは、どうすればいいのでしょうか。



 パニック障害を診断するには

 パニック障害にかかっているかどうかは、精神科あるいは心療内科の医師に診断してもらわなければなりません。そうすれば、パニック障害かどうかが分かります。


診察してもらった結果、パニック障害ではないと分かれば安心できます。運悪くパニック障害だと診断されたとしても、早く治療すればするほど治りやすいのですから、病院に行くことを躊躇すべきではありません。悩んでいるよりも、早く診断してもらった方が良いにきまっています。でもなかなか行けないから悩んでいるわけですよね。


 最近は、インターネットを使えば自宅でパニック障害の診断ができるようです。そういうのを利用するのも一つの手だと思います。その結果、自宅でパニック障害でなければいいのですが、そうでなければ、やはり治療のために病院へできるだけ早く行った方がいいに決まっています。



 パニック障害の基準とは

 パニック障害かどうかを診断するために必要なことは、発作が起こしたことがあること、そして発作が起きた日時、起きていた時間、その時の状況、そして発作が起きてから今までの気持ちの変化などを診断していきます。


パニック障害の発作が起きたきっかけや、原因に思い当たる節がないか、身近で最近大きな変化がなかったか、仕事関係や人間関係などにストレスを感じていないか、生まれ育った環境、家族構成、アルコールの量なども、パニック障害の診断の基準の参考になります。


 パニック障害の発作が起きると、胸がドキドキして苦しくなったり、動悸が激しく手足が震えたり、ひとによってその症状が違います。



 インターネットを使ったパニック障害の診断は、やはり目安にしかなりません。最後は医師の診察を受けなければ断定することはできません。インターネットの診断で可能性が高いと思ったのであれば、できるだけ早く医師の診察を受けてくださいね。




posted by autonomic at 16:39| パニック障害とは

2015年10月06日

パニック障害の家族の役割


 パニック障害になると、発作が起きてパニックに陥ってしまった本人もつらいのですが、パニック障害を持つ家族もとても大変です。1人で行動している時に発作が起きないかと心配するあまり、一人にさせることができないなど、ひと時も気を許すことができない状況が続くからです。


看病疲れで参ってしまうことがないように、気をつけたいこと、心がけたいことなどを紹介します。


パニック障害は医師だけでなく家族の協力がなければ克服することはできません。家族がしっかりと支えてあげることがとても重要です。パニック障害を起こした本人の心情をしっかりと理解して支えてあげなければなりません。


しかし、あまり心配し過ぎてもダメなのです。心配のあまり何から何まで面倒を見ていたのでは、逆効果になってしまいます。日常の生活を続けていくことによって、発作を起こさずにやっていけるという自信をつけていかなければなりません。そのためにそばから支えてあげるという姿勢が大切です。


まずはパニック障害の患者が抱く不安な気持ちや心細い感情を理解してあげることから始めてください。外出時に発作を起こしたために1人で外出ができない場合には、いっしょに出かけることも必要です。しかし、徐々に一人で外出できるように誘導することも必要です。


もし何かあってもすぐに対応できるような準備をして、ひとりで外出させるようにしてください。たとえば、患者がひとりで外出した時に、助けを求める電話がかかってきたらすぐに出るように準備しておきましょう。電話で落ち着かせてあげるだけでも、とても心強いものです。


病院に行くことを嫌がる場合には、無理強いしないで時間をかけて、本人が行く気になるように、病院を一緒に探すとか、あるいは保健所の医療担当者に相談するなどして、適切な治療ができるようにしてあげましょう。



posted by autonomic at 16:23| パニック障害とは

2015年09月23日

パニック障害の克服


 パニック障害を克服することは、不可能だと思っている人が多いようですが、早期に治療すれば80%以上もの高い確率で改善できると言われています。なので、できるだけ早く精神科や心療内科で診てもらわなければなりません。そうでなければ、パニック障害を克服することは難しいと思います。


パニック障害を克服するために重要なことは、信頼できる医師を見つけることです。できるだけパニック障害を専門にしている医師が安心ですね。ただ、実績がある医師でも、相談し難いと感じる場合には、他の医師を探した方がいいのかもしれません。やはり心を開き易い医師がベストだと思います。


パニック障害を克服するために必要なことは、不必要な恐怖感を持たないように気楽な気持ちになることです。また発作が起きたらどうしようと不安になるのが普通ですよね。しかし、その不安な気持ちが、焦りにつながることがあるので、できるだけリラックスできるようにしたいですね。


不安な気持ちになるのは仕方がありません。その時に平静な気持ちを保つことができれば、それが自信につながります。そういうことを積み重ねていくことが、パニック障害の克服に繋がるのです。


なので、パニック障害になった時のことをできる限り考えないようにするために、自分の好きなことに集中するようにしましょう。趣味やスポーツなどをしていると楽しいですから、自然に嫌なことを忘れてしまいます。


ただ、そのためにアルコールなどに頼りがちになる人もいます。確かにアルコールを飲むと嫌なことを忘れたり、気を紛らわすことができますが、アルコール依存症になりやすいので、アルコールを飲むのは避けてた方が良いでしょう。


またコーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、交感神経に働いてパニック障害の発作を誘導する可能性があるので、できるだけ控えましょう。



posted by autonomic at 10:50| パニック障害とは

2015年08月17日

パニック障害専門のクリニック探し


パニック障害にかかった場合には、できるだけ早く医療機関で診察してもらうことをお勧めします。いくら治療法が確立されていないと言っても、パニック障害を起こす不安と一人で戦うよりも、医師に手助けしてもらう方が、再発する可能性が低くなると思います。


 最近は、総合病院でなくても、心療内科を専門にしている医療機関がたくさんできています。できれば、パニック障害を専門にしているクリニックを見つけられるといいのですが、それほど簡単に見つかるわけではないので、総合病院に行って紹介してもらうというのもいいかもしれません。


大都会であれば、患者さんの数も多く、クリニックもたくさんあるので、ホームページなどで探すという方法もあります。


病院の口コミサイトもたくさんあるので、そういうサイトを使って探すのもいいでしょう。場合によっては、パニック障害に対してどのような治療やカウンセリングが行われているのかまで、分かる場合があるので、根気よく探してみてください。


パニック障害に詳しい医師の名前まで分かるかもしれません。そこまで調べられるといいのですが、なかなか簡単には行かないと思います。


それでも、一つのクリニックを見つけて受診すれば、案外良い方向に進むことになると思います。まさに案ずるより産むが易しということになるかもしれません。なので、まずはクリニック探しから始めてみてください。



posted by autonomic at 16:37| パニック障害とは

2015年08月12日

パニック障害の心理療法


 パニック障害の治療法には、薬物療法と心理療法とがあります。薬物療法では、パニック障害そのものを治療できる訳ではありません。パニック障害によって引き起こされる症状を緩和することが目的で薬が処方されます。


というのも、パニック障害は原因がハッキリと解明されているわけではないので、未だ治療法が確立されていないのです。なので、まずは、パニック障害の症状を抑えることから始まるのです。


パニック障害は、発作を起こすと精神的なダメージが大きいので、発作を起こさないことが重要なのです。そのため。薬によって、できるだけ発作を起こさないようにしているのです。



 パニック障害の発作が起きてしまうと、発作を起こしたことに対して恐怖心を抱いてしまいます。また、発作が起きたらどうしようかと不安になり、心配しすぎてしまって、鬱状態になる人も少なくないのです。


また、発作が起きてあわててしまうと、さらに状態が悪くなってしまいます。発作が起きても冷静に対処できるようにしておくことが大切です。ということもあって、パニック障害の心理療法が重要になるのです。


パニック障害の心理療法には、認知行動療法や支持療法が効果があると言われています。認知療法というのは、パニック障害の患者が、避けて通りたくない場所にわざを行って、どんな反応を示すのか試したり、それらを少しずつ克服することによって、自信をつけていくというものです。


パニック障害の発作がでなくなったとしても、なかなか不安な気持は消えません。なので、認知行動療法によって、それらを克服することで回復したことをしっかりと自覚することで、再発を防ぐことができるのです。



posted by autonomic at 11:40| パニック障害とは

2015年08月05日

パニック障害と薬


パニック障害の治療のために薬が使われることがあります。パニック障害というのは、まだ原因がハッキリと解明されているわけではないので、薬によって治癒するわけではありません。


薬が使われるのは、パニック障害によって引き起こされる様々な症状を改善するためです。パニック障害が起きると、その症状のためにとても苦しい思いをしなければなりません。そのような症状をいくらかでも軽減させるために薬が使われるのです。


さらに、最近ではパニック障害の発作が起きるのを抑えるために薬が使われることも多くなっているようです。いくらパニック障害が怖い病気だと言っても、発作さえ起こさなければ、なんてことないのですから。


発作が起きないようにするための予防や発作を抑えるための治療薬の開発が進められており、今ではパキシルと言われる抗うつ薬や抗不安薬を使うことが一般的になっています。


薬を服用することによって、パニック障害の発作が起きなくなってくると、徐々に薬の量を減らしていきます。、そして薬を使わなくても発作が起きなくなるようにするというのが薬を使った治療の流れです。


パニック障害はもう治ったと自分で判断することは、とても危険です。勝手に治療をやめてしまって、うつ病になったり、精神状態が不安定になるなどの例が少なくないそうです。


当然のことですが、パニック障害にかかり、薬による治療をする場合には、医師の診断に従わなければなりません。せっかく良くなっているのに、また振り出しに戻ることがないように、医師とよく相談して治療を進めることが大切です。



posted by autonomic at 11:06| パニック障害とは

2015年08月04日

パニック障害の症状


 パニック障害というのは、いったいどのような症状が起きるのでしょうか。

パニック障害は、他の病気と比べて明らかに異なる症状が現れます。それは、しても強い恐怖感を抱いたり、とても不安になるということです。これらの症状が現れることが、パニック障害の特徴です。


それ以外にも、急激に寒気に襲われたり、暑さを急激に感じるなどの症状が現れることもあるようです。


その他にも、動機が激しくなったり、心拍数が急に増加したり、突然大量の汗をかいたり、身震いが止まらない、震えがとまらない、息切れがひどい、息苦しさを感じる、窒息するように感じたりするというような症状を訴える人もいるようです。


また、胸を締め付けられるような痛みを感じたり吐き気がしたり、腹部に強い不快感を感じるというような症状になる人もいるようです。


パニック障害を起こした人の症状は、とても個人差があるようで、人によって、まったく違った症状になるようです。パニック障害の程度によってもかなり差があるようです。


しかし、パニック障害という名が示すように、パニックになるような状況の変化が急激に起きることが、この病気の特徴のようです。


重度のパニック障害の場合には、めまいや、ふらふらする感じ、頭が重い、逆に頭が軽く感じたり気が遠くなりそうに感じるなどの症状もあるようです。


さらに、現実ではないと感じてしまったり、幽体離脱、自分が自分から離れていると感じるという人もいます。自分を自分でコントロールできなくなり、気が狂いそうになるという恐怖感を感じることもあるそうです。



posted by autonomic at 11:49| パニック障害とは

2015年05月28日

パニック障害の治療


 パニック障害を治すのに最も重要なことは、やはり病院で治療してもらうことです。パニック障害は、原因と治療法が未だ解明されていないという事情はありますが、一人で悩んで悪化させるよりは、少しでもよくなる方向に踏み出すことが大事です。


パニック障害は、早期の発見と早期治療によって、治りやすい病気だとされています。ところが、パニック障害にかかっているとなかなか気がつかないことと、パニック障害であるということを受け入れることができないことが問題を長引かせているのだそうです。


このような理由から、悩んでいるだけで、パニック障害の治療をしないのですから、そうこうしているうちに症状が悪化するというひとが多いのだそうです。


なので、パニック障害にかかったということを受け入れることは嫌かもしれませんが、そういう疑いがあるのであれば、それを早くハッキリさせるためにも、できるだけ早く病院に行くことをお勧めします。


診察してもらって、パニック障害ではないと分かれば安心ですし、もし運悪くパニック障害にかかってしまったとしても、早期治療ができるのですから、悪くなるのを防ぐことにもなるのです。



 最近は、心療内科がある病院を増えているし、大きな病院の中には、パニック障害専門の科を作っている病院も出てきました。そういうところを探して、1日でも早く受診するのがいいと思います。


原因がハッキリしないと言っても、患者の数も増え対症療法も増えているので、治療すれば必ずよくなります。超著する暇があれば、すぐにでも病院に行くことが大切です。



posted by autonomic at 11:34| パニック障害とは

2015年04月08日

パニック障害の発作


 パニック障害の発作が起きると、急激に心臓の動悸が激しくなったり、急に息ができなくなったり、あるいは吐き気を感じたりします。発作がひどくなると、このまま死んでしまうのではないかとという不安にかられる状態にまでなるようです。


 パニック障害は、たいていの場合、発作が起きてから数分くらいでピークに達した後、数分で落ち着いた状態に戻るようです。パニック障害の発作は10分くらいから、長くても1時間以内に終わります。


 
 パニック障害の発作が初めて起きた時のことを経験者に聞くと、何の前触れもなく突然起きると言っています。それまで元気で普通の状態だったのに突然発作に見舞われるというのですから、発作に襲われた人は、何が何だかわからずパニックに陥ってしまいます。そういうことからパニック障害という名前が付けられたのでしょう。


パニック障害の発作は、睡眠中に起きることもあるようです。もちろん、全員がそうだということではありません。そういう人もいるということです。これも怖いですね。睡眠していて発作に見舞われるのですから、怖くて眠れなくなってしまう人も少なくないそうです。



 しかも、一度発作に見舞われると、また起こすのではないかと不安な気持ちになり、それが原因で再発する人も少なくないようです。特に、初めて発作が起きた時のインパクトが強いので、起きた時の場所や状況がトラウマになるケースが多いそうです。


そのため、そういう場所や状況に恐怖を感じてしまい、同じような状況になると再発してしまうようです。それが心の負担になってしまうので、社会生活を送れなくなってしまう人も多いようです。
posted by autonomic at 17:23| パニック障害とは

2015年03月16日

パニック障害とは


 パニック障害とは、激しい動悸や発汗、ふるえ、息苦しさ、めまいなどの異常が突然起こるだけでなく、このままでは死ぬのではというような強い不安感に襲われる病気です。このような八差が起きても1時間以内にはおさまるようです。


ただ問題なのは、発作が起こった後に病院に行って診てもらっても、特に異常が認められないことです。そのため、自律神経失調症と同じように、原因と治療法が未だ解明されていないのが実情です。


また、パニック障害の発作は、いつ起きるかわからないそうです。パニック障害の発作を起こしたことがトラウマになったことがきかっけで、パニック障害を再発する人も少なくないそうです。


 パニック障害という言葉を聞くようになったのも、それほど古い話ではありません。1980年にアメリカで公になるまでは、うつ病、自律神経失調症などと診断されていたようです。



 日本においてパニック障害にかかっている人は100人に3〜4人いると推定されています。なので、けっして珍しい病気ではないことが分かります。しかも、女性の方が男性と比べると倍の確立でかかりやすいのだそうです。


パニック障害は、20代後半から30代前半の年齢層の人が一番かかりやすいと言われています。早ければ10代で、遅い人は50代を過ぎてから、パニック障害を発症する事もあるようです。


また、パニック障害は遺伝的な要因があると考えられているので、家族にパニック障害にかかったことがある場合には、自分もかかりやすいと考えておかなければなりません。


posted by autonomic at 11:32| パニック障害とは