2012年02月03日

自然体で気楽に構える!


誰でも経験があるように、勉強や仕事でも目標に向かって
一生懸命に努力します。日本人は特にそうです。


ですから、自律神経失調症の治療も一生懸命になります


 目標に向かって一生懸命努力することは大事です。
あなたが、今まで何かを成し遂げたことがあるなら分かるはずです。


努力しないで、一生懸命にならないで、
成功することなんてあり得ません。
それどころか、一生懸命に努力しない時は罪悪感さえ覚えるでしょう。



だけど、自律神経失調症については、違います。
一生懸命になり過ぎることは逆効果なのです!



子供のころ発表会で、努力したけど上がってしまって、
結果は駄目だったという経験があると思います。
それは、一生懸命になり過ぎたからです。


普段、一生懸命に努力しなければならないと
親からも学校の先生からも教えられてきたのですから、
一生懸命になるのはある意味当然のことです。


自律神経失調症に関しても例外ではありません。
多くの患者さんが一生懸命に治そうと努力していますが、
一生懸命になればなるほど逆効果なのです。



多くの人は勘違いをしていて、一生懸命にならないから
治らないという発想になってしまっているのです。


そうではないということを、あなたにもご理解
いただきたいと思います。


一生懸命になり過ぎずに、自然体に任せて、
自律神経失調症の症状を導き出しているストレスを
解除することが大事なのです。


これが今まで一般的に多く語られてきたストレス
解消法の見落としてきた大事な点です。


この事実を知らないから、まだ誤解している人が多いのです。
治すことに一生懸命にならないから自律神経失調症が
治らないというのは、今までの常識に問題があるからなのです。


治すことに一生懸命になりすぎずに、
自然体で気楽に構えていれば、今まで治らなかった
自律神経失調症が回復するのです。


回復するどころか、自然体になればなるほど、
本来の自然治癒力が強くなり短期間で自律神経失調症は解消します。




2012年01月29日

頑張り過ぎないで下さい


 もしかしてあなたは、自律神経失調症を治そうと
一生懸命になり過ぎていませんか?


 「薬をしっかり飲んで、なんとか早く治さなくては・・・」

 「子供のためにも明るく元気にふるまわなければ・・・」


もしあなたがこんな風に思っているのであれば、
大きな勘違いをしています。実は…

 「治そうと一生懸命になり過ぎ」

は逆効果なのです。 




2012年01月24日

自律神経失調症に対する大きな勘違い


 あなたは、自分に合ったお薬があれば
簡単に自律神経失調症が治ると思っていませんか?


実は薬を飲み続けるのは、「体」にも経済的にも良くありません。

自律神経失調症用の薬について簡単に説明をすると
一般的に薬は痛みを感じなくしたり、症状を緩和するために服用します。


しかし、薬を服用し続けることに、誰もが不安や心配を覚えます。
まして、自分の大切な神経に関係してくるとなればなおさら
その不安が大きくなるのではないでしょうか。


「自律神経失調症を確実に回復させたいけど薬を飲み続けるのは怖いから嫌だ」

「副作用や後遺症・・・・薬物依存とかの可能性もあるから嫌だ」



あなたもこんな気持ちになったことが、きっとあると思います。
実際に、薬の副作用や事故などの報告がたくさんあります。


薬によって、自律神経失調症が解消すると断言することはできません。
ですから、薬を服用すれば改善するとは言えないのです。