2013年11月26日

自律神経失調症を克服するにはどうしたらよいのでしょうか?


Q:自律神経失調症を克服するにはどうしたらよいのでしょうか?

自律神経失調症で病院に通い始めて4年になります。
症状は、上半身と顔が痛い、吐き気、頭痛、食欲不振、倦怠感、頻尿、頭が重い、いらいらする、落ち込むなどです。
現在リーゼという安定剤を服用していますがなかなかよくなりません。



A:昔からある民間療法を紹介します。

 玉ねぎは虚弱体質や神経衰弱に効果があり、元気回復が必要な患者に適しています。
玉ねぎは鎮静剤や神経安定剤の役割をしてくれます。また、
生の玉ねぎの苦い味と匂いが神経を刺激し精神を安定させてくれるようです。

 調理法と食べ方
普通の玉ねぎを刃物を使わずに手でむき、食べやすい大きさにちぎります。
ちぎった玉ねぎに味噌と砂糖を混ぜたものをつけて、ポリ容器などに入れて冷蔵庫で保管します。
味噌と砂糖の割合はお好みで混ぜて下さい。

それを四分の一ずつ朝と夕食に食べます。これを半年も続ければ、必ず良くなります。


 その他に、自律神経失調症に効果が食経物は、次の通りです。
ビタミンB1、マグネシウム、ギャバ、タウリン、イチョウ葉エキス、アセロラ、牡蠣(カキ)、
エゾウコギ、ノニ、ローズヒップ、カモミール、緑茶、黒酢などです。



posted by autonomic at 16:47| Q&A