2013年11月05日

自律神経失調症の薬について教えてください


Q:自律神経失調症の薬について教えてください。

現在服用している自律神経失調症の薬は、飲むと元気になります。
これまで処方されていた薬が、あまり効果がなかったので、変えてもらいました。
すると、自律神経失調症と診断される前よりもテンションが上がっています。

 しかし、薬を止めたらどうなるのか少し心配です。毎食後一錠ずつ飲んでいますが、副作用や依存性になるのではないかと心配しています。薬を飲まない生活に戻れるのでしょうか?



A:病院では診察して、患者さんの症状にあった薬を処方してくれます。

 自律神経失調症の方に処方される薬は、次のようなものが多いと思います。

1.自律神経調製剤
 自律神経の中枢に直接作用して、安定をはかる薬です。精神的なものが関与していない場合に効果があります。副作用も少なく、長期間使用できます。

2.精神安定剤(抗不安剤)
 自律神経の緊張を緩和させ、不安や緊張を和らげてくれる薬です。眠気やめまい、脱力感などの副作用があります。

3.ビタミン剤
 自律神経のバランスを整えるビタミンA、B群、C、Eなど。他の薬と併用して処方されます。

4.ホルモン剤
 更年期の女性や卵巣を摘出して、ホルモンバランスが崩れた女性にに処方されます。

5.黄連(おうれん)
 精神の不安を抑えル薬です。胸のつかえや下痢などにも効果があります。

6.抑肝散(よくかんさん)
 イライラや神経の高ぶり、不眠症などを抑えてくれます。

7.芍薬(しゃくやく)
 神経の緊張を和らげ、高まった血圧や筋肉の興奮を抑制してくれます。

 使用している薬の名前が分かれば、インターネットで調べれば、どういう薬なのか、どのような副作用があるのか、すぐに分かるので、調べてみてください。


posted by autonomic at 15:39| Q&A