2013年09月20日

便秘は自律神経失調症のサイン


 しっかり食べて、しっかり出すことが健康な生活を送るために最も重要なことです。最近は、夜型の生活をする人が増加しています。実は、夜型の生活をしていることによって、便秘になる人がとても多いのです。便秘になる原因を考えてみると、自律神経のバランスが乱れることで、便秘になりやすいのだそうです。つまり、現代人の夜型生活が便秘を招いているということです。さらに、悪くなると自律神経失調症にまで進んでしまうかもしれません。

 自律神経のバランスを整えるには、朝の光を浴びることと朝食をしっかり摂ることが大事です。朝早く起きて、しっかり朝食をとろうと思えば、夜の過ごし方を見直す必要がありそうです。それでは、どのような夜を過ごせばいいのでしょうか。

副交感神経は、夜中の0時過ぎに活動のピークを迎えます。つまり、腸の活動が最も盛んになるのが、夜中の0時頃なのです。なので、0時には眠っている方が、腸がしっかり働いてくれるというわけです。


 ここまでの説明で、便秘を解消したいのなら、夜型の生活スタイルを朝型に変える必要があるようです。しかし、夜更かしの癖がついている人や仕事で、早く就寝できない人が多いのも現代社会です。それでは、そのような人たちは、どうすればいいのでしょうか。

 そこで重要なのが、寝る3時間前に食事を済ませておくことです。食事をすると、交感神経の働きが高まり、副交感神経が優位になるまでに3時間ほどかかります。食後すぐに寝てしまうと、交感神経が優位なまま眠ることになるので、腸での消化、吸収が十分にできません。そのため、食後3時間経過し副交感神経に切り替わってから眠ることが重要なのです。痔部の寝る時間を考えて、食事の時間を変えるようにしてみてください。

 そうすれば、便秘になることも、自律神経のバランスを崩すこともなくなるはずです。


posted by autonomic at 10:00| 自律神経失調症の予防と治療法