2013年08月21日

病院へ行くと「どこも悪くない」と言われる!


 自律神経失調症というのは、実は正式な病名ではありません。
自律神経失調症になると、いろいろな症状が出るのですが、どのような検査をしても、異常が見つからないことが多いのです。特定の器官にトラブルがあって起こる病気ならば、病名が付けられるのですが、原因がまだ解明されていないこと、患者さんごとに生じようが違うことなどから、原因が分からない身体の不調に対して、自律神経失調症と呼ぶようになったようです。


 そのような状況ですから、身体の不調を訴えて病院に行って、お医者さんの診断は、「検査の結果に異常はないですね。どこも悪くないですよ。」と言われることになるようです。お医者さんに、どこも悪くないと言われても、体調が良くないのは事実ですから、医師に不信感を抱いたり、割り切れない気持ちになるようです。


 自律神経失調症は正式な病気として認められていないために、正式な病名もつかないのです。当然のことなのですが、診断基準すらないのです。そのような事情もあって、お医者さんも、「自律神経のバランスが乱れているせいかもしれない」と思っても、自律神経失調症だという診断できない事情があることを理解しておいてください。

 もし、「異常なし」という診断結果に納得がいかない場合には、お医者さんに「自律神経の不調ですか?」と尋ねてみるのもいいでしょう。その病院に「心療内科」のようなケアができる医師がいるのであれば、紹介してくれるはずです。いなければ、「心療内科」がある病院を紹介してもらって、相談してみることをお勧めします。



 自律神経失調症を改善したい方は、下記サイトをご覧になってください!

参考になるはずです。今すぐ・・・
 
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)



posted by autonomic at 14:38| 自律神経失調症の基礎知識