2012年02月08日

自律神経失調症の確定診断法とは?


 (質問)

 自律神経失調症について、疾患自体は様々な不定愁訴があり
病態もあいまいな所があります。実際には自律神経失調症について
具体的な診断法、または病名を確定する確定診断法はあるのでしょうか?
具体的な診断法、検査方法などがありましたら教えてください。





 (回答)

 医学的に「自律神経失調症」という病名は存在しません。
自律神経失調症というのは、何らかの自覚症状があるにもかかわらず
どのような検査をしても悪いところが分からない時に医師が下す診断名です。


ですから、自律神経失調症というものを判定することは出来ません。
何が悪いのか分からない時につく名前なのですから。
起こる症状としては、自律神経に何らかの影響がある症状、つまり痛み、
動悸等も含まれます。


原因不明の腹痛や頭痛で自律神経失調症と診断されることもあります。
病院では症状を抑えるための治療が行われるはずですが、それは内科的な
治療であったり、外科的であったり、神経科的なものであったりします。


ちなみに、自律神経というのは人間が自分の意志で制御できない
神経のことで、どのような病気の時でも自覚症状がある場合は
少なからず自律神経に影響を与えていることになります。


また、「自律神経検査」とは身体機能の中で、自律神経機能が正常に
働いているかどうかを見るだけで、その結果によって「自律神経失調症」
という診断が下されることはありません。


あくまでも「何らかの症状があるから自律神経失調症」なのではなく、
「症状があるのに原因が分からないから仕方なく自律神経失調症」
という名前がつくのです。





posted by autonomic at 13:13| Q&A