2012年01月26日

自律神経とは


 自律神経失調症の原因について説明する前に、
自律神経とは何なのかを知っておかなければなりません。


自律神経は、血管、リンパ腺、内臓など、
自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系です。


呼吸や代謝、消化、循環など、自分の意思とは関係なく
生命活動の維持や調節のために絶えず活動している神経です。


交感神経は代謝、消化などの生命活動を活発にする働きをし、
副交感神経は交感神経とは全く逆の働きをします。


我々の身体の中では、およそ12時周期で、
この二つの神経の優位が入れ替わると言われています。


夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると
自律神経が興奮し、交感神経と副交感神経の
優位入れ替わりのバランスが崩れることがあります。


このように交感神経と副交感神経の優位入れ替わりの
バランスが崩れると自律神経失調症になるそうです。





posted by autonomic at 11:28| 自律神経失調症の基礎知識