2014年07月14日

食生活を改善する−その2


 食生活を改善するために、最も大切なのが朝食です。
忙しい現代人の生活を見ていると、会社に行くギリギリまで寝ている人が多く、朝食をしっかりと食べてから出勤している人というのが、とても珍しい存在に思えてしまいます。朝食は、絶対に欠かして欲しくない食事です。それほど重要だと考えています。



 なぜ朝食が重要なのかというと、次の3点からです。

1.副交感神経を活発にすること

2.血流が上がること

3.「余裕」をつくること

 我々人間は食事をすると、食べ物を吸収する過程で肝臓が働いてくれます。そうすると、肝臓にたくさんの血液が流れ込むようになります。そして、その血液が全身をくまなく巡ることによって、身体全体の血流が良くなるのです。


さらに、あわただしい朝に食卓に着いて朝食を摂ることによって、ほんの少しの時間でも食卓に落ち着いて座って食べると、心理的な「余裕」が生まれるのです。そうすることで、自律神経のバランスが自然に整うことになるのです。


 朝食というのは、副交感神経を活発にするチャンスなのです。朝、副交感神経を活発にすることができれば、その日一日がとても上手く使えるはずです。このチャンスを逃してしまうと、昼食まで待たなければ、副交感神経を活発にするチャンスが来ないのです。


 朝食を抜くことで、せっかくのチャンスをみすみす逃してしまうのは、もったいないことですよね。朝はあわただしいですが、朝食を食べる習慣をつけることで、生活習慣を変えたいですね。其の木になれば、簡単にできる事ですから、ぜひ習慣づけてくださいね。習慣になれば、まったく苦痛ではありません。



posted by autonomic at 11:11| 自律神経失調症の予防と治療法