2014年06月26日

食生活を改善する−その1


 自律神経のバランスを整えるためには、食事のしかたがとても大切です。まず考えなければならないことは、どのようにすれば腸が正常に働いてくれるのかということです。腸が正しく働いてくれるような食事の仕方を意識して変えることができれば、自律神経のバランスを整ってきます。



 簡単にできる事から始めましょう。

1.寝起きにコップ一杯の水を飲みましょう!

 朝、目覚めるとすぐにコップ一杯の水を飲んでください。コップ一杯の水が胃の中に入るだけで、身体は活動モードにスイッチが入るのです。人は寝ている間に大量の汗をかくので、身体の中は水分が減少するため、朝起きた時には血液の流れが良くありません。なので、コップ一杯の水が血流を良くしてくれるのです。毎朝、起きたらすぐにコップ一杯の水を飲んでください。そうすれば、快適な一日をスタートさせることができるのです。


 朝、いっぱいの水を飲むような習慣ができれば、それだけでも規則正しい生活習慣のリズムができます。起きたらすぐに水を飲むことによって、気分的にもシャッキとします。それだけでも、だるさや憂鬱な雰囲気から脱することができそうな気分になると思います。



 簡単にできる事なので、ぜひやってくださいね。


posted by autonomic at 17:33| 自律神経失調症の予防と治療法